活動内容

大阪高次脳機能障がいセルフヘルプグループ(略称:大阪KSG)がNPO法人いちいちまるとタッグを組んでおこなっている活動がのっています。

第21回高次脳機能障がいサポートグループひなたぼっこの会

日時:2017年3月4日 13:00~15:00 場所:早川福祉会館 4階 401号室 今回も前回に引き続き「働く」について考えていきたいと思います。

今年もNPO法人いちいちまるがポジティブ生活文化交流祭に参加します。

今年も参加を予定している、東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭ですが天気だけが心配です。

去年は天候不良のため、参加しませんでした。

今年は天気がもつかな、心配です。 合言葉は「広くつながる」です。

大阪高次脳機能障がいセルフヘルプグループ(略称:大阪KSG)もパネルを展示して、ひなたぼっこの会の紹介をします。

はりきって、ポジキャンを盛り上げるで。

就労移行支援施設 ハンズ天王寺が来所されました。

元ジョブアークス天王寺センターの方がNPO法人いちいちまるに来所されました。 この日はジョブアークスと言う名前から、ハンズ天王寺に名前が変わったお知らせでした。 高次脳機能障がい当事者の方の就労に力を入れていきたいと思っているので、この来所はとてもありがたかったです。 1つ難点を挙げるとすれば、この就労移行支援施設はビルの5Fにあり階段しかなくて、車いすでの利用は難しいところですかね。 80%ぐらいは精神障害の方で、あと10%強が知的障害の方数パーセントが身体障害とかたよりはありますが、就労支援に力を入れていきたい大阪KSGとしては願ったり叶ったりの訪問客でした。 就労を目指している高次脳機能障がい当事者さん、大阪KSGの比嘉まで一度お電話してみてくださいお待ちしています。

第21回高次脳機能障がいサポートグループひなたぼっこの会

 日時:2017年3月4日 13:00~15:00 場所:早川福祉会館 4階 401号室 今回も前回に引き続き「働く」について考えていきたいと思います。

 第20回高次脳機能障がいサポートグループひなたぼっこの会

 日時:2017年1月7日 13:00~15:00 場所:早川福祉会館 4階 401号室 今回は「働く」について考えていきたいと思います。就労支援事業所の方に来て頂いて話していただきました。

第18回高次脳機能障がいサポートグループ

ひなたぼっこの会 日時 9月10日(土曜日) 13:00~15:00 場所 早川福祉会館 403号室(ホール) 第18回ひなたぼっこの会の報告はこちら(別ウィンドウでPDFファイルが開きます)

第17回高次脳機能障がいサポートグループひなたぼっこの会

 日時 8月6日(土曜日) 13:00~15:00 場所 早川福祉会館 401号室(ホール) 第17回ひなたぼっこの会の報告はこちら(別ウィンドウでPDFファイルが開きます)

第15回高次脳機能障がいサポートグループひなたぼっこの会

 日時 6月4日(土曜日) 13;00~15;00 場所 早川福祉会館 就労支援とは 働くことってどういうこと? 高次脳機能障がいの当事者さんに聞いてみました。 当事者の意見 就職はしたいが、病院とリハビリで、一杯一杯です。 就職に向けて⇒作業所(A型) 就労は生活をしていくのには絶対に必要です。 A型作業所⇒雇用契約(2年契約最低賃金は保障されるが、精神的にキツイと言う人もあります。 B型作業所⇒非雇用型(拘束はない)多いとこで、月5000円ぐらい

働くためにやっていること。

就労移行支援事業所に通って、ビジネススキルの習得。 軽作業 事務作業 パソコン作業

就職につなげる

ジョブコーチなどの制度も使ってみる。

高次脳機能障がい当事者で働いている人の意見を聞いてみました。

当事者Yさんの意見(ヘルパー派遣事業所)

辛いことはない。 利用さんと笑って話す事が楽しい。 重度訪問介護などの調理もしている。

当事者Hさんの意見(相談支援事業所)

堺市相談支援ネットの地域移行の取り組み。

 平成28年8月29日にDVDの撮影がありました。 これは障害のある僕たちが仕事の様子や、地域で生活している様子をDVDにとって、それを今現在、施設へ入所されている方とその家族と関係者に見てもらうようにDVDにしました。 このDVDを見て、地域生活のイメージを高めてもらえたらと思っています。

第16回高次脳機能障がいサポートグループひなたぼっこの会

 報告はまた後日 第16回ひなたぼっこの会の写真へ

いちいちまるひらめき料理づくりILP。

大阪KSGがっちも参加します。

NPO法人いちいちまる主催の「ひらめき料理づくり」が、5月29日正午からクレオ大阪南クラフト調理室で開かれました。

参加は障がいのある人ととヘルパーとがガッチリタッグを組んで、料理づくりが始まりました。料理の食材は4回にわたるあみだくじによって、順次選んでもらいました。

ある組はカレーをつくるつもりが出来上がりは「スープカレーになったり、また、ある組はニラ玉をつくるつもりがネギの始末に困ってネギもミックスしてニラネギ玉をつくり、周囲にトマトをあしらい「名付けててデラックスニラネギ玉」って感じの何ともイタリアンな料理ができました。

なかには豚肉料理に味噌汁と言った正統派もあり、楽しく料理を作ることができました。

次回の料理づくりは秋に実施予定。

参加希望者はNPO法人 障がい者福祉総合支援センター いちいちまるの担当石田までお電話ください。 TEL 06-6777-3014

それは障がい当事者本人がヘルパーさんとタッグを組んで料理を作ることによって。

実際に自分が自立生活を始める時に、どうやって、何を伝えたらいいかの練習になったと思います。

高次脳機能障がい当事者のがっちとしても、いろいろな自立生活プログラム(ILP)をこなして、もう一度自立生活が送れる自信を取り戻しました。

NPO法人いちいちまる主催ひらめき料理教室ILPの写真館のページはこちら

就労支援B型事業所の見学

天王寺に大阪初の高次脳機能障がい者及び中途障がい者対象施設ができました。

その名もリボーン天王寺

-就労を通じて、人生の目標を応援します。-

2016年3月23日に見学に行ってきます。

リハビリの仕方をレクチャー

4月6日に大阪市更生療育センター理学療法士の川端先生が来て、高次脳機能障がい当事者にリハビリ方法を教えてくれました。

写真はバランスボールを使った、重心移動の練習です。

その他、ベットからの立ち上がりや体重移動を使って、楽にたち上がる方法を教えてもらって、これから実践していこうと思いた。

その時の様子はこちら

第15回高次脳機能障がいサポートグループひなたぼっこの会

4月2日の土曜日13:00~15:00にあった、高次脳機能障がいサポートグループひなたぼっこの会がありました。

当日は、就労支援センターマイ・スタイルの方や、ポリーライフケアサービス大阪営業所の方が見学のため参加されたり、大阪府立障がい者自立センターのOTさんが来てくれたりと、当事者の人数は少なめですが、いい出会いがあり、とても楽しいひなたぼっこの会ができました。

これは僕だけの思いですけど、このようなたくさんのつながりもできたので、今年度ひなたぼっこの会の目標は就労について少し考えていきたいと思っています。

こんなことを急に書いたら、「また勝手に決めて」って怒られそうですが、思い立ったら吉日です。 できるところはやっていこうと思います.。

大阪高次脳機能障がいセルフヘルプグループ(略称:大阪KSG)のメールアドレスはこちら、なんかいいアイデアがあれば、メールお待ちしています。

ichiichi.h@gmail.com

大阪市初の高次脳機能障がい者対象の就労継続支援B型事業所

天王寺に大阪初の高次脳機能障がい者及び中途障がい者対象施設ができました。

その名もリボーン天王寺 -就労を通じて、人生の目標を応援します。

  1. 生活リズムを整える
  2. 日課の管理
  3. 対人技能の向上
  4. 認知訓練
  5. ラッピング作業
  6. 健康管理指導

2,016年3月23日に見学に行ってきました。

平成27年度大阪府高次脳機能障がい支援普及事業。三島圏域ネットワーク研修

~みんなが生活の主人公として~

やまぐちクリニック 山口研一郎先生 講演高次脳機能障がいを抱えた人の社会資源

就労支援事業 B型 珈琲工房Hug 講演「小さなしあわせ探しの輪をつなげて」権利擁護たかつき 高岡克行氏 講演成年後見人

~上手に活用して地域生活に安心を~

事例発表

  1. 大阪KSGのスペシャルコンビ当事者の「過去・現在・未来」
  2. 当事者と身近な人(友人・同僚)「過去・現在・未来」

高次脳機能障がい日常生活支援アプリ-あらた-の紹介(希望者のみ)

株式会社インサイト 柏 修平 氏

高次脳機能障がいの謎を解き明かせ!

以前の活動内容へ

本文終了

inserted by FC2 system